ディレクターでもできる!!Redmineプラグインの作り方(その1)~環境構築~

はじめに

このシリーズでは、プログラマーではない僕(Webディレクター)が「Redmine 表記ゆれ辞典 プラグイン」を作った時に学んだノウハウを、何回かに分けてご紹介しようと思います。

ちなみに僕は、HTMLはガッツリ書けて、Redmineも普段から使ってるけど、Ruby on railsは「何それ、おいしいの?」というぐらい全く知らない状態です。

僕と同じように「手さぐりでRedmineをカスタマイズしながら使っている、プレイングマネージャー的な雑用係 兼 ディレクター 兼 プロマネ」の手助けになれば幸いです。

Redmineプラグインの開発環境の構築

1. 一応、僕の環境

OS:Windows8.1(64bit)

2. Bitnamiのダウンロード

Bitnamiとは、PCのローカル環境でRedmineを動作させるために必要なもの一式(Webサーバ、DBサーバ、Redmine本体)が1セットになった、非常に便利なものです。
このBitnamiさえインストールしてしまえば、環境構築はほぼほぼOKと思っていいでしょう。

  1. ダウンロードページにアクセス「Bitnami Stack Redmine Installer
    Bitnami(Redmine)ダウンロードページ
    Bitnami(Redmine)ダウンロードページ
  2. 自分のOSに合ったexeファイルをダウンロード。(僕の場合はWindows)
    Bitnami(Redmine)ダウンロードページ
    自分のOSに合ったexeファイルをダウンロード(僕の場合はWindows版)
  3. ダウンロードするのに、「ログインしてくれ」とか言われるけど、今回は「No thanks.」でおk。ログインしなくてもダウンロードできます。

    Bitnami(Redmine)ダウンロードページ
    「ログインしてくれ」とか言われるけど、今回は「No thanks.」でおk

3. Bitnamiのインストール

  1. ダウンロードしたexeを実行
  2. 言語を聞かれますが、あえて「English」を選んでください。Englishにしないと、この後のインストーラーの画面が文字化けします。
    ※ ちなみに、ここで選択する言語はあくまでインストーラーの言語です。Redmineの言語ではないので(後でRedmineの言語は別途聞かれます)、ご安心ください。
    Bitnamiのインストール
  3. 「アンチウイルスのアプリが動いているとインストールに時間がかかるかもよ」的なことを言われるので、はいはい…、とYesをクリック。
    Bitnamiのインストール
  4. 「Next」をクリック。
    Bitnamiのインストール
  5. 何も気にせず「Next」をクリック。
    Bitnamiのインストール
  6. インストール先を指定して、「Next」。
    Bitnamiのインストール
  7. ここで、Redmineの管理者アカウントのIDやパスワードを決めます。
    ローカル開発用なので、僕は適当に「admin」「password」とかにしちゃってます。
    Bitnamiのインストール
  8. ここでやっと、Redmineの言語設定です。「Japanese」を選択して「Next」。
    Bitnamiのインストール
  9. メールの送信設定(SMTPサーバーの設定)を聞かれます。
    僕はチェックを入れて、Gmailを選択。
    ※ ちなみに、メールに関係するプラグインを開発しないのであれば、設定不要なのでチェックを外してOKです。
    Bitnamiのインストール
  10. Gmailのアドレスとパスワードを入れます。
    (先ほどの画面でチェックを外した場合は、この画面は出ません)
    Bitnamiのインストール
  11. クラウドホスティングが云々…と書かれていますが、ここはチェックを外して「Next」。
    Bitnamiのインストール
  12. インストールがはっじまーるよー!「Next」。
    Bitnamiのインストール
  13. 環境にもよりますが、15分~20分ぐらい待ちます。長い!!
    Bitnamiのインストール
  14. インストール完了!!「Finish」をクリック。
    Bitnamiのインストール
  15. ブラウザが立ち上がって下記のページが表示されます。「Access Bitnami Redmine Stack」をクリック!
    Bitnamiのインストール
  16. まっさらなRedmineが立ち上がりました!!
    これで、最低限の環境構築は完了です。お疲れ様でした。
    Bitnamiのインストール

次回は…

次回は、実際にコマンドやコードを用いて、開発の手順を書いていきたいと思います。

otsukare-tion.comは「手さぐりでRedmineをカスタマイズしながら使っている、プレイングマネージャー的な雑用係 兼 ディレクター 兼 プロマネ」を応援しています。

おススメ書籍(Amazon)

入門Redmine―オープンソースの課題管理システム 第4版
Redmine超入門 (日経BPムック)
Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

コメントを残す