Redmineの通知メールに「期日」を表示させる方法

前置き

今僕はRedmine2.0.3.stableを使っていて、
チケットが登録されたり、チケットが変更されたりしたときは「通知メール」が飛ぶようにしてあります。

僕のプロジェクトでは、日々のタスク管理をするうえで「期日」が非常に重要な項目です。
でも、Redmineの通知メール(テキスト)って、デフォルトの状態だと「期日」って入ってないんですよね…

「おいおぃ、プロジェクト管理をするのに期日がメールで通知されないってどゆこと?」っということで、今回は通知メール(テキスト)の本文に期日を表示する方法をご紹介します。

対象ファイル(修正するファイル)

/redmineのルートディレクトリ/app/views/mailer/_issue.text.erb

修正内容

4行目に1行追加しただけです。

▼修正前

<%= "#{issue.tracker.name} ##{issue.id}: #{issue.subject}" %>
<%= issue_url %>

* <%=l(:field_author)%>: <%= issue.author %>
* <%=l(:field_status)%>: <%= issue.status %>
* <%=l(:field_priority)%>: <%= issue.priority %>
* <%=l(:field_assigned_to)%>: <%= issue.assigned_to %>
* <%=l(:field_category)%>: <%= issue.category %>
* <%=l(:field_fixed_version)%>: <%= issue.fixed_version %>
<% issue.custom_field_values.each do |c| %>* <%= c.custom_field.name %>: <%= show_value(c) %>
<% end -%>
----------------------------------------
<%= issue.description %>

▼修正後

<%= "#{issue.tracker.name} ##{issue.id}: #{issue.subject}" %>
<%= issue_url %>

* Release date: <%= "#{format_date(issue.due_date)}" %>
* <%=l(:field_author)%>: <%= issue.author %>
* <%=l(:field_status)%>: <%= issue.status %>
* <%=l(:field_priority)%>: <%= issue.priority %>
* <%=l(:field_assigned_to)%>: <%= issue.assigned_to %>
* <%=l(:field_category)%>: <%= issue.category %>
* <%=l(:field_fixed_version)%>: <%= issue.fixed_version %>
<% issue.custom_field_values.each do |c| %>* <%= c.custom_field.name %>: <%= show_value(c) %>
<% end -%>
----------------------------------------
<%= issue.description %>

最終的には

いろいろ不要なものを削除したり、整形したりして、下記の形に落ち着きました。
(今のプロジェクトではバージョンとかいらないし、カスタムフィールドの内容までメール本文には不要だし…)

<%= "#{issue.tracker.name} ##{issue.id}: #{issue.subject}" %>
<%= issue_url %>

=========================
Release date: <%= "#{format_date(issue.due_date)}" %>
=========================
* <%=l(:field_status)%>: <%= issue.status %>
* <%=l(:field_category)%>: <%= issue.category %>
* <%=l(:field_priority)%>: <%= issue.priority %>
* <%=l(:field_assigned_to)%>: <%= issue.assigned_to %>

----------------------------------------
<%= issue.description %>

というわけで、この記事が僕と同じように「手さぐりでRedmineをカスタマイズしながら使っている、プレイングマネージャー的な雑用係 兼 ディレクター 兼 プロマネ」の手助けになれば幸いです。
otsukare-tion.comはがんばる社畜を応援しています。

Amazon

Redmineによるタスクマネジメント実践技法
Redmine -もっと手軽にプロジェクト管理!
入門Redmine 第3版

コメントを残す