プロジェクト管理(タスク管理)について考える3 (解決策の検討)

前回の「プロジェクト管理(タスク管理)について考える2 (現状調査、課題)」では、現状どのようにしてプロジェクト管理を行い、そしてどのような課題があるのかを洗い出しました。
前回からかなり間が空いてしまいましたが、今回は、洗い出したそれぞれの課題に対して、どのような解決策があるのかを考えたいと思います。

課題と、その課題における解決策

No. 課題 解決策
1 案件のエントリーチャネルが一本化されておらず、ヌケ・モレ・間違いが発生している エントリーチャネルの一本化
2 案件名と案件カテゴリーだけでは、どれぐらい規模で、どれだけ大変な案件なのかがさっぱり分からない ボリューム感(難易度)の見える化【例】

  • 工数欄(h)を設ける
  • 難易度欄を設ける(楽勝⇒普通⇒重い⇒死ぬ)
  • ボリュームの大きい案件ほど色が変わる(青⇒黄⇒赤)
  • ボリュームの大きい案件ほどエクセルの行の高さが高くなる
3 エクセルでの差し込み、順番変更がめんどくさい DBを用いて、レコードとビューとを分ける
4 更新のリアルタイム性がない 各担当者が更新/反映できるようにする。
エクセルであれば、「ファイルの共有」。
5 「え!?その案件、僕が制作担当にアサインされてたんですか!?明日リリースですよね?」 案件にアサインされたタイミングで、担当者に何かしらの通知がいくようにする。(メールとか・・・)
6 制作リソースのつまり具合(空き具合)が把握がしづらい 制作担当者別に、リソース状況のガントチャートを表示する。
7 タイムマネジメントができていない 案件毎に各作業時間を入力できるようにする(個々人がそれぞれできるだけ簡単に)
8 部署をまたいでの共有、連携がやりづらい 各部署、各アクセスレベルに応じた情報の参照/更新/共有ができるようにする(ユーザー管理機能)

解決策まとめ

上記の表の各解決策をまとめると…

はじめからわかりきってたことですが…なんというか…

…やっぱプロジェクト管理のWebサービスを導入するのが一番いいんじゃね?w

ということで次回は・・・

次回は、各プロジェクト管理ツール(Webサービス)を使ってみて、メリットやデメリット、使い勝手などをレビューしてみたいと思います。

すみません。今日はここまで。

Amazon

世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント【第3版】
アジャイルサムライ−達人開発者への道−
マンガでわかるプロジェクトマネジメント

コメントを残す