プロジェクト管理(タスク管理)について考える1 (はじめに)

はじめに

今回のこのシリーズでは、「プロジェクト管理(タスク管理)について、現状調査や課題抽出、解決方法の検討、導入ツールの吟味、導入、運用、効果検証」などを考えていこうと思っています。
その前に、まずは今僕が置かれている状況というか、今僕がやっていることをちょっとご紹介したいと思います。

今僕がやっていること

今僕は某サイトのWebディレクターとして、運用業務に従事しており、

  • 進捗管理
  • リソース管理
  • 制作ディレクション

を主に担当しています。
もう少し細かく言うと、

  • 進捗管理
    案件相談窓口
    「こんなページ作りたいんだけど、いつぐらいだったら作れそう?」とか「技術的にいけそう?」とか「デザインどんなのがいいかな?」とか、「昔こんな企画やんなかったっけ?」とか、「この機能のこと、だれか詳しい人知ってる?」とか、スケジューリングから、技術的なことから、デザインから、何でも
    スケジュールエントリー
    「こんなページ作りたい」という人(オーナー)に、リリース日と原稿入稿の〆切日を伝え、スケジュール管理シートに記載する。
    リマインド&プッシュ
    入稿間近、入稿遅れの案件オーナーに催促。遅れ具合により、人的リソースやリリーススケジュールの調整を行う。
  • リソース管理
    進捗管理とかぶる部分が多い。上述の案件相談やスケジュールエントリーの際に、

    • 各制作担当の案件の詰まり具合い
    • スキルセット
    • その案件の経験有無
    • 休暇予定
    • 突発的案件/緊急案件(トラブルなど)を想定したバッファ
    • 月末月初/期末年度末/連休前後の案件混雑予測

    をもとに制作担当をアサイン、もしくは臨時の人的リソースを確保する。

  • 制作ディレクション
    制作担当へ入稿(制作依頼)
    オーナーから入稿された原稿に、リリース日や補足情報などを追加して、制作担当者に依頼。(いわゆる制作ディレクション)
    制作物チェック
    まぁいわゆるチェック。

こんなことを担当しています。

次回は…

次回は、現状調査・課題(現場での現状や、僕自身が今抱えている問題)をお伝えしようと思います。

すみません、今回はここまで。

Amazon

世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント【第3版】
アジャイルサムライ−達人開発者への道−
マンガでわかるプロジェクトマネジメント

コメントを残す